スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵画の様な器。

時間が前後してしまいますが、
8月末にお伺いした展覧会の事についての書いておきます。

以前にもこのページでご紹介した
横浜のSHUHALYさんにて開催された
牟田陽日さんの展覧会の様子です。

今回は、お茶会も企画されていたこともあり、
様々なお茶碗、花入れが沢山!
牟田陽日1
炎に包まれた獅子が描かれた茶碗。
繊細な線で表現された炎と渦巻く獅子の鬣。
お茶の席では、どの様に使われるのでしょうか。
こんな器でお茶を出されるとテンションが上がりますね。

牟田陽日3
九谷焼きの色を使って描かれている孔雀の文様。
面取りをし、それらの面一つ一つに
丁寧な筆遣いで違った動物のモチーフが描かれています。

牟田陽日2
波しぶきを上げて、躍動する煌めく鯨。
鯨はなかなか器のモチーフとして取り上げられないのですが、
ファンの方から人気のあるモチーフだそうです。

牟田陽日4
植物モチーフも色々ありましたが、
こちらは写実的に描かれたトケイソウと猫。
金と青の色目が美しい絵皿です。

牟田陽日5
SHUHALYさんの中には、黒を基調としたお茶室があります。
もちろん、茶道具は牟田さんの物。
うっすら光を浴びたお道具が何とも不思議な空間を彩っています。
開催されたお茶会に参加できなかったのですが、
きっと素敵なお茶会だった事と思います。

牟田さんは、これから大きな作品作りに取り組まれるとの事。
今後の作品も楽しみですね。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。