FC2ブログ

柔らかい時間と空間に癒されました

お休みの昨日、
ご縁を頂いたお客様を訪ねました。
先日の展覧会でお買い求めくださった作品を
お届けする為でもあったのですが、
逆にとても素敵な空間にご招待下さいました。

そこは、東京のど真ん中にある、静かで穏やかな場所。
近代日本建築の歴史に大きな足跡を残し、
後世の日本人建築家にも多大な影響を及ぼした、
アントニン・レーモンド氏の自邸兼事務所を移築した空間です。

机
このデスクは、レーモンド氏の仕事机。
この机から数々の素晴らしい建築が生まれています。
机のそこかしこに仕事の跡が見られます。

家具
こちらは、レーモンド氏の奥様、ノエミさんの作品。
なんともゆったりリラックスできる心地の良い椅子。
ゆったり深く腰掛けてくつろぐに丁度良いサイズです。
大きな丸いテーブルも柔らかな曲線。
ノエミさんの細かい心遣いが感じられる懐深いテーブルです。

暖炉
今でも時々火入れがされる暖炉。
西洋文化と日本文化がミックスされています。

天井
日本家屋の様な大きなハリが見える天井と高い場所にある窓。
解放感のある高い空間なのに、
包み込まれるような温かさがあります。
この場所でずっとお話しをしていたのですが、
広い空間にかかわらず声がとても綺麗に聞こえて、
楽しい会話が弾みます。

日本の文化とモダニズム建築の融合させ、
人が心地よく過ごすための空間づくりをされていた
お二人の考えに触れられる場所でした。

豊かな時間、素敵な場所にお招き下さいまして、
本当にありがとうございました!
ゆったり時間と歴史を満喫したお休みになりました。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR