FC2ブログ

益子の陶器市 

恒例の益子の陶器市、行ってきました!

朝の7時に新宿を出発して、バスに揺られる事、3時間半。
10時半に益子陶器市会場に到着。
GWなので、渋滞に引っかかって、遅くなるかな?と思っていましたが、
意外にも順調に10時半に現地に到着です。

毎年、春と秋の連休に開催されている陶器市。
500以上!の陶器メーカー、作家のテントが並びます。
既に、会場は、人がいっぱい。
お目当の作家さんの作品を求めるために、
みなさんとっても早い時間からきているとのこと。
10時半到着は、どうやら遅いようです(苦笑)

伝統の益子焼の窯元、窯業メーカーのブース、
益子の若手の作家さん、遠方からこの時期に来ている作家さんなど。
本当に様々な作品が目白押しです!
益子陶器市 2016 9

いくつか気になった作家さんをピックアップ!

埼玉で作陶されているこいずみみゆきさん。
無駄のないシンプルなフォルム、
プロダクトっぽいシャープさを感じる作品。
色もアイボリー、ベージュ、ライトグレーと
他を邪魔をしない色目の展開です。
白系のぽってりとした器が多いなか、
ひときわ美しさと潔さを感じる作品でした。
益子陶器市 2016 12

益子陶器市 2016 11

瀬戸からいらしていた伊藤千穂さん。
今回は、8日までの長期滞在との事。
織部のシリーズはかなり好評で作品も少なくなっていました。
ポップとトラディショナルの融合的デザインの
伊藤さんの代表的なシリーズ。
以前から気になっているシリーズでもあります。
益子陶器市 2016 7

なかなかありそうでない遊びのある形のプレート類。
意外にも使いやすいアイテム。
益子陶器市 2016 8

エスニックなテイストの上絵付が特徴の斉藤知さん。
バティック柄が好きでそのモチーフがベースになっている
赤色が中心となった上絵付。
鳥や鹿などの動物や植物。
伸びやかな筆使いで描かれた自然からインスパイアされた
美しいモチーフは他では見られないオリジナリティあふれる作品です。
益子陶器市 2016 4

益子陶器市 2016 5

洋の雰囲気をまとった広瀬佳子さんの作品。
シックな色合い、グレーやネイビーなどの今注目されている色目を
取り入れている器が揃っていました。
使いやすそうなオーバルの器はあっという間になくなってしまったそう。
益子陶器市 2016 1

益子陶器市 2016 2

広い会場なので、時間があっても全然足りません。
まだまだ見足りない気分でしたが、
バスツアーでの参戦だったので、16時前には益子を後に...。
あっという間の滞在でした。

陶器市は、毎回新しい出会い、発見があります。
遠いけど、行くとやっぱり楽しいなと思います。
次回の陶器市は、秋です。
益子陶器市 2016 6



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR