スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うずまきに魅せられて...

先日、新宿の柿傳ギャラリーで開催されていました、
アーグネス・フスさんの展覧会に出掛けきました。

アーグネスさんは、ハンガリーの出身、長野在住の作家さんです。
以前、ギャラリーで開催していました
略盆手前のワークショップに参加して下さってからのご縁です。

ここ数年は、特にお茶道具にも力を入れていらっしゃる様子。
今回の展覧会では、茶碗やお茶道具、花入れなどを中心に
以前より注力されていたオブジェ作品も充実しています。

アーグネス (2)
アーグネスさんの作品の特徴でもある、
うずまきをモチーフにした
テープ状の土を巻き付けることによってできる形、空間を生かした作品。
優しく明るい色目の土を使うことで、華の色を更に引き立てます。

アーグネス (12)
かなり大き目の花器。
テープ状の土を球体に成形し、花器に仕上げています。
編み上げられたような土の重なりが作品に更に趣を添えています。

今回の花は、アーグネスさんが活けられたそう。
器にぴったりの花が選ばれています。

アーグネス (7)
こちらは、大き目のお皿。
菓子器として使えるような大きさです。
お菓子をのせたときの余白に美しさがある作品です。

アーグネス (9)
水差し、茶碗もうずまきを取り入れています。
優しい色合いの茶碗。
手にもった感じもとても良く、色目はシンプルですがとても艶やかです。

アーグネス (4)
二つの形を組み合わせた花器。
くるりとひねりを加えたテープ状の立体的な形、
その中に入るような大きさの花入れ部分。
花入れ部の置く場所や角度によって、作品の雰囲気が変わってきます。

アーグネス
様々な表情のあるキューブを組み合わせたオブジェ。
高さを変えたり、キューブの置く位置を変えてみたり...。
作家の作品を用いて、自身でオブジェを楽しめる作品だと思います。
また、幾つかのキューブには、花などを入れられるようにもなっています。

アーグネス (10)
古木の一枚板に置かれた、今回の作品の中で、一番の大作。
うずまきを重ねて、大胆でかつ繊細な表情が見て取れる、
とても力強い作品でした。

今回の素敵なギャラリーでの展示によって、
よりご自身が表現したいものにフィーカスできたそうです。
以前の作品に比べて、とても伸びやかで、更に柔らかさと艶やかさが加わった様に感じました。
これからもまたうずまきに魅せられながら、新しい作品を作っていかれることと思います。

このところお茶道具が気になるこの頃。
素晴らしい作品を拝見でき、私自身もとても勉強になりました。
アーグネスさん、お久しぶりにお目にかかれて、嬉しかった!
ありがとうございました!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。